「年収5000万円でどうですか?」ある銀行で役員を務めていた人物は、その発言を聞いた時、思わず耳を疑った。