東京電力の福島第1原発で、放射性物質を含む汚染水漏れが止まらない。現場の至る所で漏水し、制御しきれず、処理に当たる作業員は徒労感を抱いている。汚染水処理の対応を誤れば、再び深刻な経営危機に陥りかねない。