米量的緩和の縮小観測をきっかけに、アジア経済に異変が起きつつある。円高修正の追い風を受けようとしている製造業は需要の伸び悩みに直面。消費増税の判断や成長戦略に影響を与えかねず、政府・与党は警戒を強める。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2835文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題