日本の対外直接投資は2012年もアジアで首位の座を守った。しかし、海外売り上げや利益は経営幹部の期待からは程遠い。投資を利益に変える仕組み作りが伴わない現実が浮かび上がる。