VCの世界で存在感を増しているのが事業会社傘下のベンチャーキャピタル(CVC)だ。2011年にグリーが20億円のファンドを組成して以降、ヤフーなどのIT企業が次々にファンドを立ち上げ、ベンチャー企業へ積極的に投資している。今年は、NTTドコモが100億円のファンドを組成して話題になった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1443文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 ファンドマネー日本回帰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。