日本経済再生に欠かせない新産業育成の一翼を担うのがVCやバイアウトファンドだ。リーマンショック後に続いた冬の時代を経て、その勢力図が塗り替わろうとしている。外資系や事業会社傘下のファンドなど、新興勢力の存在感が強まっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3729文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 ファンドマネー日本回帰」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。