日本経済再生に欠かせない新産業育成の一翼を担うのがVCやバイアウトファンドだ。リーマンショック後に続いた冬の時代を経て、その勢力図が塗り替わろうとしている。外資系や事業会社傘下のファンドなど、新興勢力の存在感が強まっている。