世界的なカネ余りを背景に、景気が上向いている日本に投資マネーが流れ込む――。リーマンショックからまもなく5年。新興国を対象とした過熱気味とも言える投資は一段落し、投資家の目は、久々に日本に向けられている。