「人の3倍働く」と誓った青年は、常に資本市場の先端を走り続けた。25年のキャリアが描いた軌跡は、ファンドビジネスの浮沈と重なる。彼が歩み始めた新たな道の先に、日本の企業投資育成の未来がある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5709文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題