「人の3倍働く」と誓った青年は、常に資本市場の先端を走り続けた。25年のキャリアが描いた軌跡は、ファンドビジネスの浮沈と重なる。彼が歩み始めた新たな道の先に、日本の企業投資育成の未来がある。