1年に約300冊の本を読むという著者が、自らの思考に影響を与えた本を厳選。書評スタイルで解説しながら経営、戦略の本質についての考えを主張する。