この10年、米国における女性の地位は全く変わっていません。大企業のトップを務める女性の比率は米国が4.5%。日本はさらに少なくて、たったの1%しかありません。