円安や原燃料高による物価上昇が消費者の生活を圧迫している。秋には食品やエネルギー関連製品などで値上げに踏み切る企業が続出。「悪いインフレ」の足音は、消費増税の議論にも影響しそうだ。