焦点の関税を巡る協議が本格化したTPP交渉。「聖域死守」のかけ声の一方で農業対策論議は停滞気味だ。先送り姿勢が続けば、交渉の主導権確保も難しい。