焦点の関税を巡る協議が本格化したTPP交渉。「聖域死守」のかけ声の一方で農業対策論議は停滞気味だ。先送り姿勢が続けば、交渉の主導権確保も難しい。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1471文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題