純米酒に安い普通酒を混ぜ、吟醸酒に高い純米大吟醸のラベルを貼って販売していた。国税局の検査で発覚し、「浪花正宗」で知られる大阪の地酒ブランドは地に落ちた。売り上げは8割減となり、300年近く続いた家業は存亡の危機に立つ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2868文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2013年8月26日号 24~25ページより目次

この記事はシリーズ「時事深層(2013年8月26日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。