「第3世代EMS」の台頭はベンチャー企業の台頭も後押しする。大手日本企業も第3世代EMSを味方につけて、自らの付加価値を高めるべきだ。つき合い方も大きく変わる。日本流の押しつけは禁物だ。