売上高約1億6000万ドル(約160億円)のうち、90%を日本企業からの受注が占めるというEMSがある。中国・藝精實業(アート・プレシジョン)が請け負うのは、業務用複合機や紙幣判別機などの製造。日本の大手事務機器メーカーの多くが、同社の顧客リストに名を連ねる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り759文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2013年8月26日号 53ページより

この記事はシリーズ「特集 「下請け」新時代」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。