売上高約1億6000万ドル(約160億円)のうち、90%を日本企業からの受注が占めるというEMSがある。中国・藝精實業(アート・プレシジョン)が請け負うのは、業務用複合機や紙幣判別機などの製造。日本の大手事務機器メーカーの多くが、同社の顧客リストに名を連ねる。