コンシューマー製品の大量生産だけが、EMSの仕事ではない。半導体製造装置など、高付加価値製品の製造もお手のものだ。他流試合で培った技術力を基に、自社ブランドを持つEMSも登場している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4481文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 「下請け」新時代」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。