コンシューマー製品の大量生産だけが、EMSの仕事ではない。半導体製造装置など、高付加価値製品の製造もお手のものだ。他流試合で培った技術力を基に、自社ブランドを持つEMSも登場している。