急成長を続けるEMS(電子機器の受託製造サービス)業界。シャープとの提携交渉で一躍有名になったホンハイが首位を走る。製造業界の「黒子」に徹する彼らの動向は謎に包まれているが、歴史をひもといてみると、強さの秘密が見えてきた。宿命づけられた拡大の意思と、付加価値を侵食するしたたかさ。もはや彼らは、単なる「下請け」企業ではない。

(木村 知史、香港支局 池田 信太朗、佐伯 真也)

CONTENTS

「下請け」新時代
EMSの進化は止まらない

「第3世代EMS」の姿
技磨き、万能選手へ

日本企業の進む道
EMSを味方につけよ

日経ビジネス2013年8月26日号 44~45ページより目次