高齢化社会が今後進む中で、野村グループが続けてきた、若い人材が会社を支えるという「キープヤング」の精神が改めて求められていると感じます。会社を率いていく人や経営のど真ん中にいる人は、絶えず若い世代であるべきだということです。