経営幹部候補を早期に選抜し、ビジネススクールなどで経営能力を磨いてもらう。こうした米国企業流のリーダー育成のあり方を見直す動きが広がり始めた。手本がない中で独自の育成法を試す3社の取り組みから、今後のヒントを探る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5661文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題