スマートフォンの普及で地図データの利用者数が飛躍的に向上。新たな用途開発に向けて、データ基盤の構築に乗り出した。技術が進歩しても表札を1軒、1軒調査する手法は続ける。