数多くのカンナが棚に整然と並んでいる。宮大工の小川三夫氏は棚の奥から槍カンナを取り出した。文字通り槍のような鋭い穂先を持ったカンナで、刃先は素人目にもよく研ぎ澄まされていることが分かる。