長年手作業で続けられてきた「職人技術」が急速に姿を消しつつある。ロボット工学の発展を追い風に、業界を問わず自動化が進んでいるためだ。このままでは今後数十年で既存の仕事の多くが消滅しかねない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4342文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2013年8月12・19日号 28~31ページより

この記事はシリーズ「特集 ロボットvs職人社長」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。