消費増税を巡る安倍晋三内閣の“曖昧戦略”が波紋を広げつつある。景気腰折れ懸念が背景にあるが、市場の失望や海外の批判を誘発する恐れも。政権内の不協和音が高まれば、成長戦略論議などにも影響しかねない。