2014年3月末、羽田空港国際線の発着枠が年6万回から9万回へ拡大される。これを巡り、ANAとJALの発着枠争奪戦が水面下で進む。海外航空会社も参戦する中、国土交通省の「航空自由化」に向けた判断が問われる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2607文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2013年8月12・19日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。