シェール革命で原油の自給自足が視野に入る米国。だが輸入減少で国際社会での発言力が弱まるリスクもある。輸出の規制緩和とともに、エネルギー政策は岐路を迎える。