準天頂衛星システムによる「日本版GPS」が実用化へ動き出した。2018年度までに衛星を4基体制にし、本格運用を始める計画。測位の誤差は数cm単位。クルマや農機などの自動運転に道を開く。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3375文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題