グローバル人材を育てるのは、決して「エリート」を増やすためではありません。英語を学べばよいということでもありません。英語は道具です。