日本車メーカーが米国で値下げし、販売攻勢をかけている。背景には、成長の牽引役と期待してきた新興国市場の減速がある。「北米一本足打法」の再来は、リスクとも背中合わせだ。