佐川急便は家電製品のアフターサービス事業に参入する。自社の物流拠点で修理などを行い、回収から返却までを短縮。先行するヤマトも都内に新たな拠点を設け、事業強化を図る。