生鮮食品を除く消費者物価が1年2カ月ぶりのプラスに転じた。電力料金の上昇に加え、家電などの価格底入れが主因だ。一方、賃上げはまだ先。安倍晋三政権に初の難所が訪れる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1333文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2013年8月5日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。