中国に限らず新興国で売れる商品を開発することに多くのメーカーは苦労している。根が真面目なのか、日本人エンジニアが開発すると機能や品質が過剰になりがちだ。その結果、新興国で売るには値段が高くなりすぎて、いわゆるボリュームゾーンでヒット商品をなかなか生み出せずにきた。