子宮頸ガンの予防ワクチンが6月、副作用が問題視されて国の積極勧奨から外された。世界中で有効性が認められ、日本でも4月に定期接種に格上げされたばかりだった。ワクチン騒動はいつも堂々巡りで、日本はワクチン後進国から抜け出せずにいる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5065文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2013年8月5日号 66~69ページより

この記事はシリーズ「特集 新世代ワクチン」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。