英国人医師、エドワード・ジェンナーが天然痘ワクチンの開発に成功したのは1798年。これによって人類は感染症の脅威に対してワクチンという防衛手段を手に入れた。そして2世紀が経ち、時には国をも滅ぼす要因となった天然痘を駆逐するに至った。世界保健機関(WHO)は1980年、「地球上から天然痘を根絶できた」と宣言した。小児麻痺を誘発するポリオも多くの国で制圧しつつある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3462文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2013年8月5日号 62~65ページより

この記事はシリーズ「特集 新世代ワクチン」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。