電池が持ちが悪いという不満を抱えるスマートフォンユーザーは多い。高機能競争が一段落し、長時間使用を掲げる端末が相次ぎ登場している。世界一の「電池持ち」を武器に、スマホで劣勢の日本勢が起死回生を目指す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4275文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題