タカラ創業家の次男が、数多の挫折を経験しつつも起業した。ヒット商品を吸い寄せる「太陽」のような存在と人は言う。裏表のない“人たらし”が、玩具業界での再浮上を狙う。