日立製作所は2009年3月期、製造業で過去最大の最終赤字を計上。当時69歳の川村隆氏は子会社の会長職から呼び戻され、社長に就任した。その後の驚異的な回復をどう果たしたのか。カギは撤退時期の見極めにある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り8011文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題