安倍晋三首相と連携して日本経済の復活に取り組むはずの経済界のリーダー不在が深刻化している。経済界の総本山と称された経団連は、米倉弘昌会長と安倍首相の対話さえ実現しない窮地に陥ったままだ。