2006年の第1次内閣は政策の優先順位や人事などでつまずいた。その挫折を糧に、実務重視の布陣や政権運営での「修正術」が際立つ。周到な回り道を厭わないリアリストへの脱皮を果たし、久方ぶりの長期政権を狙う。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3401文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2013年7月29日号 30~33ページより

この記事はシリーズ「特集 安倍晋三」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。