7月21日に行われた参院選で、自民党は昨年の衆院選に続き圧勝した。円高是正と株高を実現し、国民の期待に応えた安倍晋三首相。国会の「ねじれ」が解消し、向こう3年は国政選挙がない公算が大きい。一度は首相の座を降りた男は、なぜ強いリーダーとして蘇ったのか。そして長期政権が視野に入った今、この国をどう舵取りしていくのか。安倍改革の第二幕が上がった。

(編集委員 安藤 毅、渡辺 康仁、馬場 燃、清水 崇史)
(デザイン:山﨑 由梨)


CONTENTS

2度目の首相の決意
ノートに記した「戒め」

アベノミクス第二幕
敵は「自民党」にあり

リーダー不在、経済界の苦悩

リーダーを生めない国
「短命ドミノ」に終止符

日経ビジネス2013年7月29日号 28~29ページより目次