改選前の議席をほぼ倍増させた自民党だが、事前予想の68~70議席には届かなかった。安倍晋三首相は憲法改正への意欲をにじませながら、経済優先の姿勢を打ち出す。初のネット選挙運動の分析から探った国民の声も、“全権委任”ではないことがうかがえる。