アベノミクスで勢いに乗る自公政権に対し、民主党は記録的な大敗を喫した。日本維新の会も票が伸び悩み、橋下発言のショックから立ち直れていない。逆風の中、野党幹部、候補者たちは無力感を隠さない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4774文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2013年7月29日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。