トヨタ自動車が2012年に発表した新たな開発手法「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」。車種ごとにバラバラに設計していた部品を複数モデルで共通化し、開発効率を20~30%高める。