“軽量級”の新興企業が価格を武器に家庭用ゲームビジネスに参入。家庭用ゲーム機大手も復権に向け始動。新たな戦いが始まった。最悪期を脱し、ユーザーにゲームを「リプレー」させるのは誰か。