京都精華大学で講師を務める榎戸利光さん(38歳)は根っからのゲーム好き。タイトーが1978年に投入したアーケードゲーム機「スペースインベーダー」を皮切りに、35年間で2000以上のゲームで遊んだ。