持続可能性という定性的な情報を定量化する取り組みを始めた。挫折を繰り返しながら指標を作り上げ、人事評価にも適用することに。日本発の新しい経営指標として、世界に発信していく考えだ。