持続可能性という定性的な情報を定量化する取り組みを始めた。挫折を繰り返しながら指標を作り上げ、人事評価にも適用することに。日本発の新しい経営指標として、世界に発信していく考えだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5315文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題