「国民に好かれる政治家になりたければ野党議員になれ。国民に嫌われる覚悟を持った人間が与党の政治家になるべきだ」。自民党のあるベテラン議員によると竹下登・元首相は折に触れてこのフレーズを口にしていたそうです。