「国民に好かれる政治家になりたければ野党議員になれ。国民に嫌われる覚悟を持った人間が与党の政治家になるべきだ」。自民党のあるベテラン議員によると竹下登・元首相は折に触れてこのフレーズを口にしていたそうです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り507文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題