「O2O(オンライン・ツー・オフライン)」と呼ばれるマーケティング手法が注目されている。その背景にあるのは、スマートフォンの普及に伴う消費者の購買行動の変化だ。2017年度の市場規模は50兆円に達するとも言われ、IT大手も特需に期待を寄せる。