現場に任せっきりだった研究開発を本社主導のトップダウンに。事業創造につながる研究を重視し、「象徴」の研究所を閉鎖した。自前主義と決別し、技術の組み合わせによるイノベーションに挑む。