20年前、中国にいち早く進出して、ゴボウの生産を始めた。日本への供給量がトップになり、農業のグローバル化を先導している。TPPで世界の農業から国境が消えようとする中、コメの輸出も検討する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5686文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題