本誌でも5月に特集を組んだが、このところ、援助の対象としてでなく「市場」としてのアフリカに注目が集まっている。世界各国で経済ニュースを伝える様々な媒体を眺めていると、「アフリカ」の文字を本当によく見るようになった。良くも悪くもブームと呼んでいい盛り上がりだ。